FC2ブログ

買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

Selected category
All entries of this category were displayed below.
METALLICAの新作、“Death Magnetic"を昨日、
フライングゲットして聴いています。
metallica_deathmagnetic


勝手に僕のMETALLICAとの出会いを語らせていただくと、
最初に買ったのは"...And Justice For All"・・・んで、
次は"Black Album"
そして、クリフ・バートン時代へさかのぼり、出た結論は
クリフ・バートン時代が一番最高!ということ。

そして、初めてリアルタイムで買ったMETALLICAのアルバムが
”Load"・・・
いろんな意味で衝撃的でした。
「何!このタルイ曲調!、ありえんわ~~~」と言いながら、
きっと良い所はあるはず!と何回も聴いてみたけど、やっぱりダメ・・・
ということで、次の”Reload”以降のアルバムは買わずじまい。

2003年に出た"St.Anger"は久しぶりに買ったMETALLICAのアルバムで、
オオッ!アグレッシブさが戻って来た~~!!
と思ったものの、無駄に長い曲の上に単調でツマラないリフの連続・・
しかもギターソロも無いし、歌メロも全然こなれていないし・・・
気がついたらいつも、寝ていたという作品です。
曲が長いからヤダ!じゃなくて、純粋に曲がツマラン!と感じたので。
今も最後まで聴く自信が無いし。

後で、映画”Some Kind Of Moster"を見たら、あのアルバムは
リリースされただけでも価値がある作品かな~と大人な心で見てあげています。
ま、彼らのリハビリ用アルバムと僕は思ってますが(苦笑)

でも、その時のツアーはクリフ・バートン時代の曲を結構演奏してくれたので、
非常に楽しめたし、“Master Of Puppets"完全再現を披露するなど、
ちょっとずつ過去に歩みよっている姿勢が見えてきた・・・
というところで、今回の新作ですが・・・

良い意味で開き直ったというよりは、過去の作品(初期3作品)と正面に
向き合った結果、出て来たサウンドかな?
多少、"Black Album"以降のグルーヴィー面もチラホラと見られるけど、
展開がドンドン変わっていく曲に激しいリフの応酬、
スリリングなギターソロ。
そして、ほとんどの曲が7分を超すところなんかは・・・
"...And Justice For All"っぽいかも。
個人的にはもっと生々しいサウンドにした
"...And Justice For All"という感じがします。
曲のクォリティも"...And Justice For All"と同じ程度かな・・・と。

1曲目の"That Was Just Your Life"の出だしは"Blackened"に似ているし、
4曲目の"The Day That Never Comes"は2008年版”One"という感じだから、
余計そう思ったかも。。

まあ、それにしてもMETALLICAの作品で久しぶりにスカッ!と
聴けるアルバムだと思いますよ。
やっぱり彼らはこういう音でないとね。
初期の整合性を取り除いて、エネルギーの塊だけを抽出した
というべきアルバムで、生々しい音作りとも相まって、初期の頃に出していた
ある種の美しさはありませんが・・・

それでも個人的にはやっぱり"...And Justice For All"とドッコイドッコイかな。
要するに初期3作品は孤高のままということ。
それでも原点回帰というべき、この姿勢と曲調は歓迎したいなぁ~。
特に凝ったリフの応酬に関しては前作、微塵も感じることができなかったし。

" The Day That Never Comes"

PV第一弾。
2008年版”One"ですな。

"All Nightmare Long"

新作ではこの曲が一番好きかも。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.