買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOURNEYの新譜、「Revelation」ですが、アメリカ、ヨーロッパではとっくに
リリースされているのに、日本盤はいつまでたっても出る気配が無い・・・・

ということで、いい加減、業を煮やし、輸入版を入手しました。
購入したのはライブDVDがついている、いわゆるアメリカ:ウォルマート版です。
journey_revelation

アメリカから取り寄せた品ですが、送料含め、おそらく今後出るだろうと
思われる国内版より安い値段だったから、まあ、よかったかな~
(ちなみに新品よ)

JOURNEYはスティーヴ・ペリーの後任だった、スティーヴ・オヴジェリーが
喉を痛めて脱退し、ピンチヒッターでジェフ・スコット・ソートがボーカルを務め、
正式なメンバーとなったのも束の間・・・こちらは理由がよくわからないまま脱退・・
(JSSはキャリアもあるし、好きなボーカリストなんですけどね)
後任ボーカルが中々決まらないの中、


発表された後任はアーネル・ピネダという40歳の無名のフィリピン人(!)シンガー。
主にフィリピン国内でのローカルバンドで活動していたらしいです。
ニール・ショーンがYoutubeを見ていたら、偶然、JOURNEYナンバーを歌う
アーネルの映像を見つけ、そこから晴れてJOURNEYのシンガーに
採用されたという映画のような話っすわ・・

とにかく新ボーカリストのアーネルはどれほどの実力があるのか?
が一番の焦点ですが、最初、このニュースを聴いたときは正直、
「オイオイ、大丈夫かよ???」でした(汗
しかし、Youtubeで歌う姿を見てびっくり!

彼は一言で言うと、スティーヴ・ペリーによく似た声質を持つシンガーですが、
純粋に上手い!
そして、上手いだけでなく、とってもスティーヴ・ペリーと似たような
フィーリングを持っている!
聴いていて違和感が全くないんですよ。
誰かがJOURNEYナンバーを歌っている・・・という感覚も無いし。。

それにしても、こんなボーカリストが今まで埋もれていたなんて・・・・
メンバーが彼を採用するのも納得。

アーネルについていろいろ調べてみると、おもしろかったのは、
彼がJOURNEYのオーディションを受ける際、アメリカ行きのビザを取得するため
領事館に行くのですが、そこでのやりとりです。

「渡航の目的は?」
「JOURNEYのオーディションを受けるためです」
「JOURNEY・・・・?、ロックバンドの・・・?」
「じゃあ、Wheel In The Skyをチョット、歌ってみい」
「Wheels in the sky keeps on turning♪」
・・・・と見事に歌い、あとはトントン拍子で
話が進んだという・・・・

領事館の人、普通、「Wheel In The Sky」はリクエストしないでしょう~
ナイスすぎる選曲じゃないですか~(笑)
世間一般だと一番有名な「Open Arms」をリクエストすると思うのに。。

とまあ、まるでフィリンピンドリームという話ですが、
いや~~~~~、この新作はイイッ!
一曲目の「Never Walk Away」は爽快感溢れる、まさにJOURNEYならでの
ロックナンバーですが、アーネルのボーカルは全く違和感なく収まってますし、
なりより曲が非常に良い!
とってもポジティブな気持ちになれる曲。
JOURNEYは今まで駄作を一枚も出していないから、ある意味、
これぐらいのクォリティは当然かもしれませんが。。

そして、ディスク2はJOURNEYの過去の名曲を現メンバーで
再レコーディングしたものですが、
アーネル・・・・アンタはまるでスティーヴ・ペリーや・・・

曲自体は特にアレンジは加えず、原曲をそのまま再現したような感じです。
(細かい変化はいろいろあります)
しかし、こんなことすると、スティーヴ・ペリーと比べられることは必死にもかかわらず、
この構成にしたことは、それだけアーネルは実力があるシンガーと
メンバーが信頼している証拠なんでしょうね~
現に全く違和感なく歌っているし。

そして、アメリカウォルマート版にしか付いていないライブDVDですが、
これは今年の3月のラスベガス公演を収録したもの。
アルバムでの歌声はフェイクじゃないことを見事に証明してます~
それにメンバーのやけにうれしそうな顔がとっても印象的。
アーネルのMCやステージアクションはまだまだ改善の余地は
あると思うけど、それは時が解決してくれるでしょう~。

できたら、DVD(リージョン1だけど)がついている
このウォルマートバージョンをゲットすることをおすすめしますね。

ちなみにDVDは以下の曲が収録されていました。
・Anyway You Want It
・Wheel In The Sky
・Lights
・After All These Years
・Never Walk Away
・Open Arms
・Mother Father
・Wildest Dreams
・Separate Ways
・Faithfully
・Don't Stop Believin'
・Be Good To Yourself


僕は年齢的にスティーヴ・ペリー在籍時のJOURNEYはリアルタイムで見ることが
できず、JOURNEYライブを初めて見たのはオウジェリー在籍時です。
そんな僕にも、アーネルはスティーヴ・ペリーがいるかのような夢の続きを
見させてくれる素晴らしいシンガーだと思いますよ~

それにスティーヴ・ペリーは神クラスのシンガーですから、
ペリーの方がいいに決まっているけど、彼は引退状態だし・・・

さて、ツアーデイトを見ると、10月まではアメリカツアーですから、
近いうちにフィリピン凱旋コンサートは組まれるでしょう。
その前に日本公演があると思うので、楽しみにしています。
ま、その前に国内版が出ないとな~~・・・・(キングレコードは何している??)

とにかく、彼らのまだまだ旅は続きそうです。
このまま、いけるところまで行って欲しいな~

Don't Stop Believin'

アーネルが歌うバージョン。これはDVDに収録されている映像と同じ。
幼い頃、一時はストリートチルドレン同様の生活をしていた彼・・・・
それでもずっと歌い続けて、夢を掴んだ彼が歌うと、
この曲は一層説得力が増しますな~~

Never Walk Away

これはニューアルバムからの一発目!
新たなアンセムの登場?
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



レッグマジックならたったの60秒で美脚になれる♪しかも激安のお値段。ヨガマットがついて6,900円のオリジナル版もおススメ! レッグマジック【2008/07/18 13:00】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。