FC2ブログ

買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

loudpark08

行ってきました、Loud Park '08
今年は初日だけの参加。

前日飲み過ぎたせいで、
案の定、早く起きることが出来ず、
なんとか、トップバッターのバンドがちょうど始まった頃に会場入り。
ドリンク券がもったいないので、ビールと引き換え!
我ながらバカですね~。ま、迎え酒です(笑)

では、見たバンドの感想を。

■HEAD PHONE PRESIDENT
今回、唯一の日本バンド。
とにかくAnzaさんのボーカルは強烈。
あんな綺麗な顔からはとっても想像も付かない・・・。。
体全体を使ってのパフォーマンスとバックの音に負けない声の
太さはさすが、ミュージカル俳優としても活動しているだけのことはある?
初めて聴いたけど音は意外とメタルしているような・・
ノリのいい音ではないので、曲を知らないと少々厳しいかも。。

■SECRET & WHISPER
エモ系の典型なんですか?
とにかくボーカルがキビシーの一言。
一番、印象が薄かったバンドでした。。。

■AIRBOURNE
ここで、最前列右端に突入。
想像通り、初めて聴いた気がしないAC/DCサウンド!(笑)
いや~、愛すべきロック馬鹿野郎達で顔が思わずニンマリです。
ロッケンロール!!!
機材のトラブルの関係でどーやら2曲ほどカットされた模様ですが・・

■APOCALYPTICA
ここも前方ブロックに突入!
いや~、今回一番の収穫かも。
ライブだと、アグレシッブさや鋭さが増したチェロサウンド
になって、圧巻の一言!!
重いチェロを軽々と持ち上げながら、ステージを縦横無尽に走り回る、
チェロを弾きながら、頭は風車大回転するわ・・・と
パフォーマンスにも圧倒。
とてもシベリウス音楽院出身とは思えん・・・(笑)
それにしてもドラムのミッコは上手いですね~、聴いていて実に気持ちよかった。

笑えたのは、サポートのチェロリストは顔の表情一つ変えないポーカーフェイスで
ずっと椅子に座ったままチェロを弾いていたところ。
メンバーが絡みに来ても表情変えないし・・・(笑)

フェスのためか、恒例のMETALLICAカバーは3曲もやってましたが、
うーん、3曲はチョイと多かったかも。
METALLICAカバーは彼らを知らない人でも盛り上がるから、
ま、いいのかな。
Fight Fire with~、Nothing Else~、とSeek & Destoryのカバー)

終盤、”コリィが出れないので代わりに・・”というMCで出て来たのは
なんと、SONATA ARCTICAのトニー・カッコでした。
そっか~、同じフィンランドのバンドだしね。
曲は“I'm Not Jesus"ではなく、”I Don't Care"をトニーが歌ってました。

これで日本でも人気が出るんでは・・・?と思うぐらい
会場全体が盛り上がっていたし、もう色眼鏡無しで日本人も見てくれるのでは。
単独のときは必ず行きます!

■OBITURARY
会場内をブラブラしていたので、あまり見ていませんでした・・

■MESHUGGAH
次のDRAGONFORCEで遅い昼ご飯にしようと思ったけど、
空腹に耐えられず、ここでお昼を・・
今年も長い行列が出来ているので、2曲ぐらいしか見れず・・・
変態的なリフとリズム感覚を擁しているバンドということはわかりました・・

■DRAGONFORCE
2006年のラウパーで見たときよりは音響もマシだったので、
彼らが何をやっているのかはよーやくわかった(苦笑)
よくもまあ、ここまでピロピロ弾くね~
ライブで見ると意外と楽しいけど、ずっと早い曲しかやらないので、
3曲目あたりでもう十分(苦笑)
しかし、人気あるな~

■SONATA ARCTICA
割とふつーの北欧メタルショウという感じ?
DRAGONFORCEと違って、緩急のある楽曲があるから、
結構、集中して見れました。

■CARCASS
復活したデスメタルの伝説!
ドラムはアーチエネミーのダニエル・アーランドソン。

他のバンドはステージ上のスクリーンに自分たちの演奏している
ところを映すけど、CARCASSだけは曲に合わせてイメージ映像を流してましたが、
えー、そこはCARCASSなんで出てくる映像は死体にメスを入れているところや、
臓器を分解しているところなど、そんなものばっかりです(苦笑)
極めつけはビョーキになった様々な男性の○○○の映像を映すところ。。
これにはさすがにただ、ただ苦笑するしか・・
リバプールの残虐王の名は伊達じゃないですね!(爆)

前半は機材トラブルのせいか音はグチャグチャ気味だったけど
後半持ち直してくれました!
それからはリフやソロをたっぷりと堪能!
最後の”Heartwork”は燃える~~~!!!

■AVENGED SEVENFOLD
ラウパーの予習をしていた見直したバンドはコレ。
特に去年出した新譜は再評価した次第。
セットリストも新譜中心だったせいか、完全にメロスピというより、
完全にアリーナ型ハードロックバンドという感じですね。
ライブでの魅せかたも非常に上手いし。
ラストの“Almost Easy"はやっぱりいい曲だわ~

ただ、このドラムはグダグダですね。。(苦笑)
精進しないとクビになるのでは・・・?

■DOWN
フィル・アンセルモが久々に日本に来ました~

ブラックサバス直系のメガトン級ヘヴィネスに圧倒!
そこにアメリカ南部の成分がたっぷり入ったコクのあるサウンドはやっぱいいね!
フィルはやはりカリスマ性があるな~。
MCやステージ上のアクション一つ一つとっても絵になるね。
フェスのせいか、一番好きな“Nothing In Return”
やってくれなかったのは個人的に残念であるが・・・
やはりこの曲はムーディでプログレ過ぎるから?(苦笑)

最後はローディに楽器を弾かせて、メンバーはステージ上で
やりたい放題(笑)
フィルもベースを弾く始末だし。。
いや~、ヘヴィでエモーショナルなサウンドにお腹一杯です。

■SLIPKNOT
初めて生のライブを見たけど、パイロ使うわ、パーカッションライザーは回転し、
上下に動くわエンターテイメント満載ですね!
ステージ上で9人も暴れているのに、音は整然とされていて
アンサンブルも非常にタイト!
さすが、ミュージシャンシップの高いバンドだけのことはある。
その中でも特にドラムのジョーイはタイトで非常に素晴らしい。。
あんな小さな体なのにパワーや手数の多さは凄い。

どの曲も非常に盛り上がったけど、個人的に楽しみにしていた
真っ当なメタル曲"Psychosocial"や、
ブラック・デスメタルがたっぷりな“Heretic Anthem"”People=Shit"
ハイライトかな?
”People=Shit"と場内大合唱するところはいいですね~(笑)
最後の”sic”ではジョーイのドラムライザーが上昇し、トミー・リーばりに
ドラムが360度縦横に回転!

とにかく見ていて飽きないバンドですね。
それにしてもパーカッション二人とターンテーブル担当のシドは
とにかく暴れてまくっていたな~。。
確かシドって、まだ足の怪我直っていないのでは・・・(苦笑)
杖つきながら暴れていたし・・・(爆)
でも、やはり一番はコリィの歌かな。
あんだけ、デスボイスから普通の歌声まで魅力的な声を持つ人は
そうそういないかと。。アクション一つ一つとっても、非常に絵になるし。
(マスクから見える口元なんか特に・・)

それほどファンでも無かったけど、とっても楽しめましたよ!
今度、単独があった時は行ってしまいそうかも。。

■Tシャツ着用率
とにかくSLIPKNOT Tシャツ着用率が一番多い!
バンドメンバーと同じく、マスクをしている方もチラホラと。。
あとは万遍なくという感じ?
ちなみに私はスラドミ’08Tシャツでした。
そういえば、一人、ナースのコスプレをしている人を発見・・・
なぜ、ナース・・・

■総論
とにかく去年より人が多い!
アリーナ後方も人で埋まっていたし、3階スタンド席もかなり埋まっていました・・
そのため、移動も一苦労です。
去年と比べて気軽にアリーナへ行けない構造になっているので、
人の流れを完全に固定化させてきましたね。
こっちの方が混乱は少ないと考えたのかな。
でもアリーナ前方への道は狭い上に人が多いので、詰まってイライラする方も多数。。

今回のLoud Parkは行くかどうか非常に悩んだけど、行ってよかった~。
個人的にいろいろ発見があったLoud Parkかな?
客層や出演バンドを見ると、日本でもシーンの新陳代謝が進んでいるという感じが。
これが欧州だと、若い人でもクラシックロックバンドにリスペクトを示しくれるように
もっとバランスのいい新陳代謝なんですが。。
この盛り上がりなら、来年もきっと開催されるでしょう!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。