買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE WHOのライブ@横浜アリーナへ行ってきました~。
thewho_t-shirts


THE BEATLES、THE ROLLING STONES、と同世代かつ同等クラスのバンド
なのに、今回が初の単独公演ツアー・・・
(初来日は2005年のロックオデッセイというフェスでしたらから・・)
ピート・タウンゼント、ロジャー・ダルトリーだけが生き残った状態ですが、
これが最初で最後になるかもしれない!ということで行ってきましたよん。
(以下ネタバレ含みますので、これから行く人はご注意を・・・)





席はセンター席(俗にいうアリーナ席)の19列目の真ん中ブロック!
ということで結構いい位置。
あたりを見回してみると、横浜アリーナ最上階席は閉鎖されたっぽいですね・・
集客としては7割入ったところかな。

ちなみにピート、ロジャー以外のメンバーは以下のとおり。
・ピノ・パラディーノ(ベース)
・ザック・スターキー(ドラム)
・サイモン・タウンゼント(ギター)
・ジョン・バンドリック(キーボード)


ザックはあの、リンゴ・スターの息子さんですな。
サイモンは後で調べてみたら、ピートの弟さんだった!

場内が暗転し、メンバーがゾロゾロと出て来て、地味~にスタート(苦笑)
最近、壮大なイントロをかけて出てくるバンドを見る機会が多かったので
余計にそう感じたかも。
ピートはいきなり「ハロー、ニューヨーク」とボケをかますww

しかし、1曲目は"I Can't Explain"ということで
会場はのっけからボルテージ高い!
"Live At Leeds"でさんざん聴いた曲が目の前に!!という感動が・・・
ピートのウインドミル奏法(と書くと凄そうに聴こえるww)や
ロジャーのマイク回しに野太い歓声が。
今回はおっさん率、非常に高し。

この後の選曲はチョイ地味?なものが続くので、多少まったりムードが
流れるが、"Who Are You"で盛り返す。
サビが超キャッチーなこの曲は盛り上がるね。
フーーアーユー~♪フッフッフッ、フッフッ~♪

ここまで聴いて感動したのは、音がとにかくイイっ!
各楽器のセパレーションがよく、にごりがない非常にクリアなサウンド!
ピートはライブ中、スタッフにあれこれ注文をつけている仕草をしていたが、
ギターサウンドは非常によかったかと。
しかし、ピートは気難しい人っぽいですね。
前日の大阪公演は機材トラブルがあったらしく、ピートがキレ気味だったらしいが
(それも見てみたかった・・・ww)
今日はそんなに問題なさそう。
ロジャーも「昨日はグレムリンのような機材セッティングだったけど、
大丈夫そうだね」とかなんとか言っていたので。
個人的に気になっていた、そのロジャーのボーカルはまだまだパワフル。
もう3年は行けるでしょう!(^^)
そして、シャツの合間から見える胸板凄っ!

しかし、二人とも60をとうに過ぎたおっさんですが、繰り出す音は若い!
古臭さなんてナッシング。
ピート、ロジャー以外の面々はバックに徹していたけど、
その中で、ザックのドラムはパワーもあり、非常にタイト。
彼はやはり凄いドラマーですわ。
キース・ムーンの代わりなんていないけれど、THE WHOのメンバーに
負けない存在感でしたよ。

さて、ライブの方に話を戻すと、中盤であのキーボードサウンド・・・
出た~!
"Baba O'reily"!!
実は初めて知ったTHE WHOの曲がこれ。
高校時代にさんざん聴いていたMR.BIGのライブアルバムで
この曲がカバーされていたので、そこから知りました。

Don't cry~♪
Don't raise your eye~♪
It's only teenage wasteland~♪
というパートは大合唱が決まって勘当的な光景でしたよ♪

次はピートのソロ曲、"Eminence Front"
ピートのソロは全然知らんけど、都会的で多少センチしている
この曲はいいねぇ~。
お次はスクリーンにモッズ?絡みの映像が流れ、
"5:15"”Love Reign Over Me”へと。
"Quadrophenia"は持っていないので・・・この場で初めて聴いた曲・・・
流れている映像は映画、「さらば青春の光」だったんですね。
それとモッズって、どんなもんかよく知らなかったけど映像を見て
なんとなくわかった気が。
いい曲だ!

ライブ終盤に差し掛かり、つい来た~アンセム、
"My Generation"
これは一段と盛り上がる!オイラの斜め前方の客(20代?)は
とにかくラウドロックのライブを見ているかのごとく暴れているしww
(ピノのベースソロはジョン・エントウィッスルと比べると少々地味だが・・・)
グーンと演奏を拡大したバージョンでこれがまた味わい深し!

そしてとどめが問答無用の名曲"Won't Get Fooled Again"!!!
パワフルかつドラマティックな曲に圧倒!!
この曲は一番最後の方がいいと思うけど、まっ、いいっか。
ここで本編終了。

アンコールは実質”Tommy”メドレー。
”Pinball Wizard”で盛り上がり、
(サビのSure plays a mean pin ball !で合唱!)
”Amazing Journey””Sparks”と続き、最後は”See Me Feel Me”
アレ?"We Gonna Take It"は無し?
個人的にこれは聴きたかった~。

さて、ラストは何の曲が残っているのか???と思いきや
ピートとロジャーの二人だけ登場。
ピートはアコギを持っているし・・・・何の曲??と思ったら
”Tea & Theatre”でした。
おー、これは最新アルバム"Endless Wire"の最後を飾る曲っすね。
普通はこんな地味な曲を・・・・(苦笑)と思うのだが、
パワフルなライブの最後に、こうしんみりとした曲で終わるというのも乙ですな。
しかも、文字通り生き残った二人による演奏を見ると何故か泣けてくる・・ウエーン

とにかくTHE WHOはライブを見ないと本当の良さがわからない
ということがわかったような気が・・・・
まだこれだけのパワーがあるなんて!
見た目は年相応な感じだけど、演奏は非常にパワフル!
もちろんバックに支えられてという面はあるにせよ、ロジャーにピートは
まだまだ行ける!
もちろん期待して見に行ったけど、その期待を軽く飛び越えるぐらい
圧巻だったかと。
この前のウリ仙人のように盛り上がらない客層だったらイヤだな~と
思ったけど、それは杞憂でした。皆さん、凄く盛り上がっていたし、
メンバーもご満悦でしたよ。

まだ東京公演は残っているらしいので、
迷っている人は行きましょう(笑)!!
今年は予定以上に多くのライブへ行きましたが、その中でベスト3の
候補は入れたいな~と。それぐらい感銘を受けましたわ~


Setlist
01.I Can't Explain
02.The Seeker
03.Anyway Anyhow Anywhere
04.Fragments
05.Who Are You
06.Behind Blue Eyes
07.Relay
08.Sister Disco
09.Baba O'reily
10.Eminence Front
11.5:15
12.Love Reign Over Me
13.My Generation
14.Won't Get Fooled Again

---Encore---

15.Pinball Wizard
16.Amazing Journey
17.Sparks
18.See Me Feel Me
19.Tea & Theatre
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。