FC2ブログ

買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JEFF BECKのニューライブアルバム
"Live At Ronnie Scott's"がリリースされているので
買いました!
jeffbeck_ronniescotts

ジェフ先生はここ最近、ライブアルバム2連発をリリースしているので、
正直、またライブアルバムかよっ!
という思いがあったりするのだが(苦笑)、実はこれが正真正銘、
ジェフ・ベック初の公式ライブアルバムだったりするのだ~。
長いキャリアなの中で、ジェフ・ベック単独名義としてはこれが初・・・・

この前に出ていたライブアルバムは、
オフィシャルブートレッグというお題がつくため、
日本以外だとライブ会場もしくはオフィシャルサイトでしか
販売されていない代物なんです。
(日本は普通にCDショップで買えるのがミソ(^^))
オフィシャルブートレグとうお題目通り、修正は一切ナシ!
ミスもそのまま収録されているので、まさに生のジェフ先生が堪能できる一枚で
非常に生々しい!
そして、ミスってもそんなの関係ねぇ~とばかり弾くところが、これまた
カッコよかったりするのが、ジェフ・ベックの魅力の一つだったりするので、
今回、"記録"じゃなくて"作品"としてリリースされたライブアルバムは・・・・?

やっぱりキチンとミックスされているので、逆により生々しい感触が強い!
それに音質がすこぶるいい!
ジェフ先生のギターはもちろん、ヴィニー・カリウタ先生のドラム音が
これまた聴いていて凄く気持ちいいんです~。
これを聴いた後、オフィシャルブートレグを聴くと、ドラムは少しぼやけた
感じに聴こえるな~、なんて。

そして、今回の目玉?の一つは2007年からジェフ・ベックの
ベーシストを務めているタル・ウィルケンフィルド嬢かも!!
tal_winlski


ベースは17歳から始めたという、若干22歳の女性ベーシストですが、
まだベース歴5年でジェフ先生、それにカリウタ先生と共演かよっ!
なんとも末恐ろしい子や・・・
見かけはどっかの中学生ですか?というぐらい幼さを感じるけど
ベースは素人目から見ても凄く上手いかと・・・
一音一音ハッキリとしているので、ベースをおっかけるだけでも
結構楽しかったりするんです(^^)
名曲"Casuse We've Ended As Lovers"ではベースソロコーナーまで
設けられているから、周りの重鎮にいかに評価されているのがわかるかも。

"Casuse We've Ended As Lovers"
2007年クロスロードギターフェスからの映像を。


"Big Block"


ジェフ先生は今、64歳?
タル嬢とジェフ先生だと、孫とおじいさんというぐらい歳の差が離れているけど
ジェフ先生の異常なまでの若さと歳を重ねる毎にアグレッシブさが増している
ギターサウンドのおかげで、そんな感覚はどっかへ行きますね(笑)

来年2月にはこのライブアルバムでの編成で
日本に上陸・・・・ということで期待が膨らんできました~
伝説のUdo Fes(爆)で初めてJEFF BECKを見たので、それ以来ですわ。
野外で見るJEFF BECKも中々雰囲気がよかったけど、
今回はがっぷり堪能できそう。
いや~、楽しみ~。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。