買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バズことセバスチャン・バックがSKID ROWを脱退してから
十年チョイ・・・よーやく彼のソロフルレンス・スタジオアルバムが出ましたー。
今年の6月の日本公演や去年のUdo Music Fesでも新曲をいくつか披露していたけど、
やっと出たという感じです。

SEBASTIAN BACH 「Angel Down」



myspace
http://www.myspace.com/sebastianblog

プロデューサーはメタル再起請負人ことロイ・Z。
で、アルバムでの基本のメンバーは以下のとおり。

・ドラム:ボビー・ジャーゾンベック(ex:HALFORD,ex:RIOT)
・ギター:マイク・クラシアク(ex:HALFORD)
・ギター:ジョニー・クロマティック
・ベース:スティーヴ・ディジョルジオ(ex:TESTAMENT)

メンバーから見てとおり、今回は非常にタフでヘヴィなメタルアルバム!
乱暴な言い方をすると、SKID ROWの「Subhuman Race」と「Slave To The Grind」を
足して二つで割ったような感じかな。

1曲目の「Angel Down」でヘヴィ極まりない音が走った瞬間、バズの強烈な雄たけびが!
よくも悪くも歳を取らない男・・・(苦笑)
2曲目の「You Don't Understand」は一転して、ツインギターハーモニーが特徴的な
正統派メタルソング。
そして、続く3曲「Back In The Saddle」(エアロのカバー)、「(Love Is)A Bitchslap」、
「Stuck Inside」はガンズのアクセル・ローズがゲスト出演!

単なるバックコーラスでなく、バズとリードボーカルを分け合っているところがミソ。
しかし、ガンズのニューアルバムより先にバズのソロアルバムにアクセルの声が
世の中に出るのはどーなよ?(苦笑)

あと、印象的だったのがヘヴィでスクリームな曲、中心の中に
ドラマティックなバラードナンバーである
「By Your Side」と「Falling Into You」は中々いいぞ!ということ。
どちらもブロードウェイで主役を張って鍛えた彼の歌が堪能できる良質な曲ですよ♪

楽曲の質の差があるのは正直な所ですが、
バズ好きなら楽しめること請け合いの一枚。
彼より歌がうまいシンガーは沢山いるけど、
改めて、彼の声は凄く個性的で耳をひきつける何かがあると感じた次第です。

そこで、もっとバズの声が聴きたい!という人は
プログレメタルのプロジェクトであるFRAMESHIFTの「An Absense Of Empathy」が
お勧めでっせ。
基本はプログレメタルですが、バズが全てのボーカルを務めて、
メロディアスな曲からヘヴィな曲まで彼の様々なボーカルが堪能できる一枚なんですー。

「By Your Side」







「Back In The Saddle」
静止画ですが・・アクセルがゲスト参加してます



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



insideに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 プレサーチ【2007/11/24 20:15】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。