買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Creek Classic 5350SEをセッティングして
鳴らして数日が経ちましたので感想を。

creekclassic5350se_fron


creekclassic5350se_rear


ラックの整理は後日行うので、
まずは床に直置き状態で使っています。
そして、電源ケーブルも付属のものを使っています。
後々、取り替えてみて音の変化を確認する予定。

さて、音を出した直後、さすがにAVアンプとは鳴りが違う!
ということが正直な印象。
音の分解力、情報量が何段階もグレードアップしています。
決してプラシーボ効果でもなければ、単に音量を上げただけではないです。
より音楽的に豊かになっていると言えばいいかな。

いろいろとCDを取り替えてみて、聴いてみました。
・THE POLICE「Synchronicity」
・・・よりスケール感が増してます。ベースのしっかりとなって、ボトム部分が
よりタイトになった気が。

・IRON MAIDEN「Powerslave」
・・・ギターとベースの分離より明確になり、ギターリフの鋭角さも増した。

・KING CRIMSON「In The Court Of The Crimson King」
・・・今までと空気が違う!というか、本当に細かいところもクッキリと聞こえ、
    情報量の豊富な音が出ていることを実感。


全体的に各楽器パートがより明確に聞こえ、今までなんとなくボヤケていた
ベースもくっきりと聞こえます。
いや~、音楽を聴くのがますます楽しくなります。

AVアンプにはプリアウト端子があるので、これとCreekをつなげて
DVDやSACDを聴く場合はこの方式になります。
Creekのリアパネルにはセパレートスイッチがあるので、これで
切り替えて利用します。

しかし、ここで問題が。
リアパネルのセパレートスイッチはマッチ棒ほどの大きさの棒を
突っ込んでスイッチを押す必要があるので、
いちいち、後ろにまわってスイッチを押す必要が・・・

アイタタ~、これは完全に調査不足!
でも仕方ないか・・・
ちょっと、手間がかかるけど、よりいい音で聴くための儀式と思って
割り切ります。

いずれにせよ、想像以上のグレードアップができたので
満足と言っていいでしょう。
エージング中でもあるので、今後、もう少し音に変化があると思いますが。

今度はAVアンプとつなげた状態でSACDマルチやDVDを聴くとどんな感じになるか
レポできたらと。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。