FC2ブログ

買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックを聴いて、15年ぐらい経つかな・・?
いろいろ、聴いてきたけど、いわゆる大御所と言われるこのバンド達は
つい最近まで、手がつかなった・・・

・THE ROLLING STONES
・THE BEATLES


ビートルズは、リマスター版が出たら、いくつか興味があるアルバムがあるので
買うとは思うけど、未だ出てこないしな~・・・
現行のものを買ったら、リマスター版が出てきそうな気がして躊躇しています。

ストーンズはアルバムが多すぎて、どこから手をつければいいのか
全然判らない!
そのうち、考えるのがメンドーになって、これまた手をつけずにいました。

でも、ストーンズは2006年の来日公演終了後、いろいろ雑誌の特集や
ムックが出たので、その本を参考にいくつか買ってみました。
最初に買ったのは、確か、「Beggars Banquet」だったかと・・・

単純にガンズやモトリーがコピーしていた曲が収録されているし、
よく名盤と言われているので、買ってみただけなんだけど。。(苦笑)

聞き込むうちに、「おっ、中々イイじゃん!」となり、次は「Let It Bleed」を買い、
そして、次は「A Bigger Bang World Tour 2005-2006 Special Edition」
という代物を買ってしまったいたりする。

これは「Sticky Fingers」から「Tattoo You」までの8枚紙ジャケ版アルバムを
収めたをボックスセット・・・・
rollingstones_boxset


とまあ、ストーンズはこの2年で結構買っちゃった部類に入るバンドに
なってしまったのです。
しばらく、ストーンズのCDは控えていたけど、
先週、新しく出た2枚組みライブアルバム
「Shine A Light」を買ってしまいましたよ。
rollingstones_shinealight



予備知識も無しに聴いてみて、やたら臨場感あるな~と
思っていたら、収録した会場はわずか2,000人クラスのホールではないですか!
スタジアムクラスがデフォのストーンズにとっては極小クラス!

このライブアルバムは今年の冬に
公開されるストーンズのドキュメンタリー映画のサントラ的な
役割を持っているらしいけど、
それにしても、このエネルギッシュなパフォーマンスはなんだい!
とても、還暦を過ぎたおっさんのパフォーマンスとは思えない・・・

去年、買ったDVDでも、そう感じたけど、今回は会場が小さいからなのか、
それとも映画のカメラが入っているからなのか、
衰えなし、正に現役バリバリという感じな音なんですけど。
演奏の上手い、下手とかというレベルの話ではなく、
アンサンブルの妙というか、一体となって出す音はまだ迫力がある!

そこで、ちょっと気になって、現メンバーの年齢を調べてみました。

・ミック・ジャガー:(1943年生まれ、64歳)
・キース・リチャーズ:(1943年生まれ、64歳)
・ロン・ウッド:(1947年生まれ、61歳)
・チャーリー・ワッツ:(1941年生まれ、67歳)


なんと、チャーリー・ワッツはあとチョットで70歳じゃん。
ちなみにゲストでバディ・ガイが出ていますが、彼は70過ぎているんですよね~
そういや、Udo Fesで見たバディ・ガイ、とてもとても70過ぎのおっさんの
動きじゃなかったぞ。

ロックミュージシャンも高齢な方が出てきて、引退する人とか
出てきいますが、ストーンズが彼らの定年を引き上げているのは
間違いないでしょう。

しかし、よく考えたら、ロニー・ジェイムズ・ディオ(1942年生まれ、66歳)とか、
ronniejamesdio


レミー・キルミスター1945年生まれ、65歳)
lemmy


ストーンズのメンバーと同年齢じゃん!Σ( ゚д゚ )


そっちの方が凄いか・・・・





ちなみに、この「Shine A Light」・・・
マニアックな視点から語ると、ミキシングを担当しているが
ROXY MUSICの「Avalon」とかで有名な
名手ボブ・クリアマウンテンなので、音質はチョー良いですよ指でOK
この臨場感は彼のおかげでもあるかな?
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。