買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/24はCHEAP TRICKのライブ at BUDOKANこと日本武道館公演へ行きましたよ。
ちなみにこれが初CHEAP TRICKライブだったりします。

cheaptrick_budokan


座席は1階南西側の後方席。
初めて1階席で見ることになったけど、見やすいですね!
天井の圧迫感は気になるところですが・・

ライブが始まる前、あたりをキョロキョロしていると、
どっかで見たブルドッグフェイスの方を発見!!
音楽評論家の渋谷陽一さんでした。ウッシッシ
しばらくすると、これまたどっかでみたカーリーヘアーの方・・・・
マーティさんも見つけましたよ。
隣のブロックが1階南席でしたが、あそこは業界関係者用の席なのかな?

さて、ライブが始める前、スクリーンには過去の映像が流れ、
彼らのヒストリーのおさらいといった模様。
そして、暗転し、「At Budokan」と同じコールで「Hello There」でスタート。
もうエピックのアーティストじゃなけど、ま、いいっか。

ステージセットは白黒のチェッカーで統一。
1階席だったので2階の様子はわからなかったけど、アリーナ、1階席は
ほぼ満席でした。けっこー、お客さんは入った?

やはり、セットは「At Budokan」がベースでした。
途中に代表曲を入れるという感じで。

途中、1曲、どっかで聴いた気がするが、どうしても判らない曲があったけど、
あれは2003年の「Special One」に収録されていた「Best Friend」だったんですね。。。
何もそんな地味な曲をヤランでも・・・

続いて、「Downed」と、まったりとした空気が会場内が充満し、
そろそろアップテンポでノリのいい曲にしないと・・・・
と思っていたら、ロビンが「At Budokan」と同じように「I Want You To Want Me」をコール!
うへ!、もっと後にやると思っていたら、ここでやりますか!!
もちろん、手を振りながら、「Cryin!、Cryin!、Cryin!」しましたよ。
とってもポップな曲だけど、鼻につかないのは、骨太なサウンドと
ロビンの歌声のおかげかと思ってます。

しかし、客に歌わせるパートがある名バラード「Voices」は少々、お客さんの
声が小さかったような。。
でもロビンは全く、歌声衰えていないですね!
同じく大ヒットしたこちらも名バラード「The Flames」も素晴らしかったです。

最後の「Surrender」は頭のアレンジが変わっていたのか、
最初、何の曲かわからなかった・・・(苦笑)
お約束どおり、KISSのレコードを投げ飛ばしてね。
中身はちゃんと入っているのだろうか・・?(笑)
リックもピックを大量にばら撒いていたし。
お相撲さんの塩かよ!
ここで本編終了。

え、もう!早っ!
まだ60分ぐらいしかたっていないのでは・・・?あせあせ(飛び散る汗)
ちなみに曲が終わるたびにギター交換やらで、時間が出来るのは
実際の演奏時間はもう少し短いかも。
(彼らにとってはこれが標準と知っていたけど・・・)

もちろん、ここで終わるわけでなく、アンコール1曲目は
おおっ~まだこれを聴いていなかったよ!「Dream Police」

そして、個人的に彼らのハードなナンバーは聴きたかったので、
次の「Auf Wiedersehen」はうれしかった!
MEGADETH時代のライブでカバーしたことがあるマーティさんも大喜び?
確かANTHRAXもカバーしていたと思うけど、それも納得の
リフオリエンテッドで攻める曲ですよね~。

そして、本当の最後は「At Budokan」と同じく「Clock Strikes Ten」で締め!
と思ったら、一番最後は「Good Night」で締めました。
最後はバン・E・カルロスの名物、巨大ドラムスティックも登場!

結局、賞味85分ぐらいのショウでしたね。
武道館が「Budokan」として世界中のミュージシャンにとって憧れの聖地と
なったあの武道館公演から30年目という記念のライブでしたが、
それほどスペシャルな展開は無かったです。

再びの武道館だけど、いつもどおりのCHEAP TRICKライブという感じ?
まあ、これが最後でもないし、まだまだこれから続けていく現役バリバリバンド
だから、その辺りの自負もあるのかな~と。

僕は生でロビンの歌声を今回、聴くことが出来たけど、
いや~、彼は本当に素晴らしいですね!!!
そりゃ、リックもライブ中、クドいほどロビンは褒めるのも納得。
甘~いキャンディのような歌声から、骨太で迫力のある歌声とホント
幅広いし、説得力十分。
誰か一人、歌声をもらうことが出来たら第一候補はロビンの歌声ですな。

ただし、余韻にひたる間もなく、すぐに照明がついたもんだから、
中身は濃厚のようだったけど、なんだかアッサリと肩透かしをくらった
気分もあったりして・・・・
まあ、でも楽しかったです。


「ロビン~~~~!!!!」と叫んでいる女性の方は結構いました。
永遠の王子様は健在?
78年の武道館公演と同じように白い衣装だったし。


2008.4.24 Budokan Setlist

1 Hello There
2 Come On, Come On
3 Big Eyes
4 California Man
5 If You Want Want My Love
6 Best Friend
7 Downed
8 I Want You To Want Me
9 I Know What I Want
10 Voices
11 High Roller
12 The Flame
13 That 70's Song
14 Surrender

Encore
15 Dream Police
16 Auf Wiedersehen
17 Clock Strikes Ten
18 Good Night


cheaptrick_budokan2
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。