FC2ブログ

買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日の日経新聞夕刊を読んでたら、一面にWHITESNAKEの広告が・・・!!
whitesnake_nikkei

日経やる~♪
レコード会社の企画というよりは、日経の企画なところがナイス。



さて、WHITESNAKEの新譜、「Good To Be Bad」・・・・
whitesnake_goodtobebad




WHITESNAKEのこの新譜はマイミクさんらの感想やいろんなところの
感想を見ると、賛否両論という感じですな。
とりあえず、素直に聴いて感じたことを書きます。

前作の「Restless Heart」から11年、純粋にバンドとしてのアルバムだと
1989年の「Slip Of The Tongue」までさかのぼる必要があるから、
そういう意味では19年振り(!)となるバンドとしてのWHITESNAKEアルバム。

聴いてみて、感想は・・・・

うん、「Slide It In」と「Sepens Album」の中間という感じ。
アリーナロック的でもあるし、ブルージーなところもある。
音楽スタイル的に、ちょうどいい感じですね!

「All I Want All I Need」は歌メロが好きだし、
バラードの「Summer Rain」も中々。
「Good To Be Bad」もグルーヴ感も素晴らしい。
そして、「All For Love」もいい曲だし、ギターソロも印象的!
そのほかの曲も白蛇印満載。


でもなんでしょうね。。
注意して聴かないと、サラっと終わっちゃう感じなんですよ。
全体的に歌メロがもう少し練られていれば、印象は変わっていたかもしれない。

全体的に高水準なアルバムだし、WHITESNAKEの名に恥じないアルバムだと
思うけど、なんか、もどかしい気持ちにさせてくれるんですよね。
魚の小骨を喉につまらせたときの、感じと言えばいいのか。。


あと、個人的にもう少し、奥行きあるプロダクションの方が好みでした。
今回は少々、平面的過ぎるような気が・・

と、4~5回通して聴いてみて、
うーん、いろんな意味で惜しい!

そりゃ、「Serpens Album」と比べるのはカワイソウです。
ただし、前作の「Restless Heart」は「Too Many Tears」というキラーソングがあったし、
これまた賛否両論ある「Slip Of The Tongue」は
スティーヴ・ヴァイが凄く印象的で素晴らしい
ギターソロを弾いてくれるなど、ポイントは押さえていたんですよね。
「Good To Be Bad」はそれらに比べると、少々平凡というか。。
好きなバンドなだけに、彼らに求めすぎですかね・・

1曲、本当にキラーなソングがあれば・・・・グンと印象が違っていたと思う。
でもライブだとより映える曲は多そうなので、その点では楽しみです!


とまあ、なんだかんだと言いながら、結構、聴いていたりするアルバムだったり
するんですよ~
やっぱり大好きなバンドなんで。
聴く度に印象がよくなってきているので、より聞き込めば味が出てくるアルバム
だと思ってきている今日この頃。



やはり秋にDEF LEPPARDとのカップリングで来るのかな?
どちらも単独で見たいけど、ブリティッシュロックの豪華な組み合わせですね~
英国だと、これにTHUNDERも入っているから・・・・
豪華過ぎ!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。