買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

saxon_member


4/30はSAXONの単独公演のため、渋谷O-EASTへ行ってきました。

去年のLOUD PARKでも見ましたが、
単独公演としては25、6年振りじゃないでしょうか。

SAXONは欧州ではトップクラスのバンドですが、
日本では再来日するのが早すぎたのか・・・今回はO-EASTです。。

久々に男性率が圧倒的に多いライブでしたよ。(;^_^
回りを見回すと、いかにもオールドメタラーから、僕と同世代もしくは
若い方も結構いたような気が。
SAXONもいくらか浸透してきた証拠?

開始15分前から、観客からSAXONコールがスタート!
皆さん、テンション高っ!(笑)

さてライブ1曲目は最新アルバムの「The Inner Sanctum」からエピック的な
「Atila The Hun」からスタート。
いきなり、この壮大な曲からか~。結構意外。
「Dogs Of War」を挟んで、出た~~!!!
SAXONクラシックの「To Hell And Back Again」
やはりこの頃の名曲は一段と盛り上がる!

ライブ本編は「Inner Sanctum」ツアーの延長のようなので、
今のところニューアルバムからの曲中心で、割りとここ数年のアルバムから
多くピックアップされてましたね。
その中で「Lionheart」が聴けたのは個人的にうれしかったな~
この曲、凄く好きなんで。
名曲ですよ!
これにピンと来ない人はメタルは聴かない方が・・・(苦笑)

しかし、ライブ始まってから気になっていたのですが、
音全体がひずみまくっている・・・・げっそり
ビフのボーカルもよく聞き取れないし、ギターもソロになると、
音がよーわからん。。。。
ドラムの音だけはスコーン、スコーンといい響きを出しているのですが・・・
最後はチョット改善されようだけど、全体的に音がチョット・・・
あー、もったいない。。。



そしてですね。。

ライブが始まってしばらくしたら、
あれ、水がピュ、ピュと飛んできた????
と思ったら、前にいる、でにむ・あんど・れざーで長髪お兄さんが
長い髪を振り回しながら、激しいヘッドバンギングをしているもんだから、
汗が飛びまくっているではないですか・・・!(;^_^

お兄さんの隣にいる方は非常に迷惑そうで、不憫でした・・・orz
結構、長い髪で、水分を含んで重くなった髪がときおり、
鞭のようにピシっ!と来るのは少々、辛かったな~(苦笑)
僕はそれほど被害は無かったのですが。。


まあ、そんな中でもやはりSAXONクラシックは一段と燃えますね~!
SAXONコールも終始鳴り響いていて、ビフやポールといったメンバーも
いい表情をしていたと思いますよ。
「Princess Of The Night」「Strong Arm Of The Law」「Motorcycle Man」
大盛りあがりっす。

本編最後は「I've Got To Rock (To Say Alive)」で締めて終了。


当然、まだクラシックの数々をやっていないぞ~!ということで
再びSAXONコールが鳴り響き、
アンコール一発目はこれまた最新アルバム1曲目の「State Of Grace」
そして、次からはSAXONクラシックの数々!
「20,000Ft」で一気にボルテージも上がり、壊れる方が続出。

そして、次はおお!LPでやってくれなかった
超名曲「747 (Strangers In The Night)」!!!!!

この日一番盛り上がったと思います。
この曲は歌いまくってしまいました・・(^^)




そして、永遠のアンセムである「Denim And Leather」
Denim and leather!
Brought us all together
It was you that set the spirit free~~~!とサビは大合唱。

2回目のアンコールは割りと近作の「Crusader」に始まり
(これ初めて聴いたけど、いい曲ですね)、
「最後の曲だ!」とビフがコールして
最後は「Wheel Of Steel」だな!と思ったら
「And The Band Played On」でした・・・


アレレ~~~~

この曲は非常にいいし、途中の「Wowow~!」と掛け合うパートは
凄く好きだけど・・・・




なんで「Wheel Of Steel」がじゃないの????~~~~~~
(そういえば、「Heavy Metal Thunder」も・・・LPでやったから、今回は無し?)


と、まあ音の悪さと「Wheel Of Steel」をやってくれなかったのはマイナスポイントですが、
「747」も聴けたし、観客も盛り上がり過ぎ(苦笑)で良かったです。
熱きメタラーはまだまだいるんですね!
Loud Parkでのあの盛り上がりはフロックでなかったという証明ですな。
ビフも途中、セットリストが貼った紙を破いて、食べるというパフォーマンスも
見せてくれたし。

次のアルバムを出せば、きっと来てくれるでしょう。
そのときは「Wheel Of Steel」は是非。

近年まれにみる、いろんな意味で非常に男臭いライブでした(爆)
でも楽しかった~♪

メタルの楽しいところが凝縮したライブだったような
選曲はSAXONクラシックしか求めていない人にとっては
少々ツライかもしれなかったですが。。

と言っても、ここ2000年頃からの作品は良質な曲が多いし、
今も現役バリバリだから、その辺りは普通にやるんでしょうね。


Setlist

1. Atila The Hun
2. Dogs Of War
3. To Hell And Back Again
4. Lionheart
5. Motorcycle Man
6. Medley:Warrior~Battle Cry~Man And Machine
7. Power And Glory
8. Red Star Falling
9. Witchfinder General
10. Strong Arm Of The Law
11. Princess Of The Night
12. I've Got To Rock (To Say Alive)

---1st Encore-----
13. State Of Grace
14. 20,000 Feet
15. 747 (Strangers In The Night)
16. Denim And Leather
17. Ashes To Ashes

---2nd Encore-----
18. Crusader
19. And The Bands Played On



P.S.
客入れはソコソコだったらしいですね。(割りと前の方にいたので)
あんまりギュウギュウじゃなく適度なスペースがあったのは快適でしたけど。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。