買ったCD,DVDや観に行ったライブについて の日記、感想を書いていきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

judaspriest_nostradamus

賛否両論吹き荒れる、メタルゴッドこと、JUDAS PRIESTの新作”Nostradamus”。
水曜日に買って、4~5回通して、聴き続けているけど、


sekibou的に「賛」です、これは!!


しかし、プリーストはホント、賛否両論なアルバムが多い。
"Jugulator"からリアルタイムで聴いてきた僕が書くのもアレですが、
振り返ってみると。。

"British Steel"・・・叙情的なギターソロを排除しリフ、リフで攻めたサウンドに賛否両論
"Point Of Entry"・・・アメリカナイズされたサウンドに賛否両論
"Turbo"・・・シンセギターを多様、ポップな曲が多く賛否両論
"Painkiller" ・・・スラッシュメタルなサウンドに賛否両論(という人はいたかも。。)
"Jugulator"・・・当時のモダンヘヴェネスに影響され過ぎて賛否両論

こうして振り返ると、プリーストは当時流れていた流行を取り入れながら、
アルバム毎に多種多様なサウンドを繰り出して賛否両論を巻き起こしていたけど、
今回はチョット、違う。音もスタイルも。

今作はなんと、CD2枚組でトータル110分を超すコンセプトアルバム!
しかもストレートなメタルソングはほとんど無く、
サウンドはキーボードやシンセギターをかなり使い、とってもシンフォニック。

音楽が手軽にダウンロードでき、アルバム単位で音楽を聴く人は少なくなった
昨今・・・・
明らかに時流と逆を行っているやないけ・・・!!!

音も"Screaming For Veangence"とか通り過ぎて、雰囲気的に
まだハードロックバンドであった初期の"Sad Wings Of Destiny"の頃に
戻ったかのよう・・・
(あくまでも雰囲気ね・・)


これはプリーストからの今時のメタラーへの挑戦状かもしれない。。。
と妄想が・・・(苦笑)

・1曲だけでなく、ちゃんとアルバム単位で聴いている??
・ヘヴィ・スピーディーな音楽だけがメタルかい??
・CD2枚組は長過ぎる??

そんな風に考えている輩に対して
彼らが中指立てて”F○ck You!"と反抗している・・・
そんなメタルなアルバムなような気がしてきましたよ。

音は先ほど書いたように、ミドルテンポ主体で、
スピーディーな曲はほとんど無い。
キーボード、ストリングス、シンセギターを多用し、
プリースト史上一番シンフォニック。
重厚なドラマが途切れなく続くので、ホッと、一息つけることが出来るのは
CDを交換するときだけ。

でも要所はガツンと来るプリースト流メタルソングで締めてくれますよ。
正直、多少中だるみなところはあったりするけど、
繰り返し聴くことで良さが出てくるアルバムだと思うので、
一回通して聴いただけで判断しないでほしいなぁぁ。
(既に中古で結構、出ているらしいですが・・・・)

いや~~、ほんと、聴く度に良くなってきていますよ、このアルバムは。
コンセプトアルバム好き、プログレとかも好き、そして重厚なHR/HM好きなら
これは大丈夫でしょ!
逆にひたすらスピードしか求めない人やPainkillerとかに拘る人は
理解できないかもしれない・・・・(多分・・・)

しかし、ベテランバンドとなり、安住して皆が求めるサウンドにしても
いいのに、まだチャレンジして突っ走る、JUDAS PRIEST・・・・
まだまだ、メタルゴッドは健在ですね!

これは買ってよかった!
お気に入りの一枚になりましたよ。
いつになく粘っこく、弾き倒しているグレンとK.K.のギターソロも絶品です♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rock 'N' Roll Cadabra, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。